Main
<< クジラどーなの?公開討論会やります クジラどーなの?公開討論会やります >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
佐藤潤一/鈴木徹 青森簡易裁判所での意見陳述
マエキタミヤコです。

青森にいってきました。
佐藤潤一くんにひと目会いたくて。
そこでは勾留理由開示と意見陳述が行われていました。
高い倍率の傍聴券を当て、生まれて初めて、裁判所に入りました。
そして思わず、潤一くんの熱いハートに触れ、不覚にも涙してしまいました。
以下、レコーダーが禁止されているため、傍聴券を当てた人たちで必死で書き取り、記憶で補った佐藤くんと鈴木さんの意見陳述です。
ぜひ読んでください。
私は、傍聴しながら、こんなことは、金輪際これっきりにしなくては、と強く誓いました。
日本には民主主義が必要です。
民主主義を支えるメディアが必要です。
私たちがそれを支えなくてはいけないのです。
みんなで。
読んでください。



佐藤 潤一

今回の件についてなぜこのようなことを行ったか、個人的なバックグラウンドを含めて説明させていただきます。

妻と2歳の子どもがいます。
休日には子どもを近くの高尾山に連れて行くのが趣味です。
自然を愛しているからです。
自然を愛しているから環境保護団体グリーンピースに入りました。
自然を愛するようになったのは、アメリカのコロラド州ロッキー山脈に住んでいたのがきっかけです。自然の雄大さとそこに住む人々、自然とともにどういうふうに生きていくのかを考えるようになりました。
自然と人間との交わりを経験して、それを子どもたちにも伝えたいと思うようになりました。
自然を守ることが素晴らしい、心地よいことだと思いました。
息子にもそのように感じてほしいと思いました。
環境を守ることが重要だと思いました。
自然保護に興味を持ったのは、人が普通に自然を愛するのと同じ気持ちからでした。ただ、その気持ちには強いものがあり、そのような仕事につきたいと思いました。

アメリカから帰ると、日本にはなかなかそのような仕事はありませんでした。
英会話の教師をしていたとき、いろいろな人と話をして、自然保護をやっていきたいと強く思うようになりました。

グリーンピースが職員を募集していたので、それがグリーンピースとの出会いでした。入った当初は、国際的な団体で、国連での高いステイタスがあるといったようなことしか知りませんでした。やがて、国際性、プロフェッショナリズムなどに対して心が動かされました。

当初、有害物質問題を担当しました。ゴミの削減、ペットボトルビールの発売中止、子どものおもちゃに使われる塩化ビニールなどの問題を取り上げて、それらの活動を通して一定の成果を上げました。

しかし、活動を通して、グリーンピースは非常に誤解されているということも分りました。国会議員、市会議員、一般の人々と話していると、よく過激な団体じゃないのかと聞かれます。その後で、話してみると違ったんだねと言われます。その誤解の元は大まかに言うと、捕鯨問題です。

捕鯨は国内では、日本について外国から文句を言われたくないという気持ちや、西洋の団体に日本の文化に対する批判的なことは言われたくないという気持ち、そして西洋と日本の意見の違いなどが問題点だと考えました。そして、グリーンピースへの誤解を解きたいと思いました。だから捕鯨問題に関わったのです。調査捕鯨を知れば知るほど、水産庁の天下り官僚が行っている実態がわかりました。20年間に100億円の税金を使っているにもかかわらず、まともな科学的論文も出ていない。知れば知るほど、グリーンピース職員としても、また一納税者としても憤りを感じます。国内問題として取り上げたいと思うようになりました。

そうしたなかで、鯨肉横領の内部告発者(日新丸の元船員)から情報を得て、調査を開始しました。日新丸の船員が鯨肉横流しをしているという情報を明らかにしていくということが、調査捕鯨をやるべきかやめるべきかの議論を先へ進めるための貴重な材料だと思いました。

この情報について、最初は信頼できるという確信はありませんでした。
しかし、一つひとつ調べているうちに、情報が正しいとわかり、大きな不正だと確信しました。日新丸から荷物が出てきて、運送会社に運ばれ、それを目前にしたときに、これはなんとか明らかにしたいという気持ちが高ぶったのは確かです。
箱を持ち出してそれを確保しようとしたのは、私と鈴木に責任があると思っています。やはり広く一般の人々に証拠として見てもらいたい、鯨肉を確保して証拠としたいと強く思いました。その調査に行きすぎた点があるという批判があることは重々感じています。それについて反省すべきことは反省するつもりです。

この反省を生かして、鯨肉横領について明らかにしていきたいと思います。グリーンピースの告発を受理して本格捜査を進めていた東京地検の担当者は、何回も真剣に話を聞いてくれました。不起訴という処分になりましたが、船員個人の横領として片づけず、組織的な横領行為として、日本鯨類研究所と共同船舶を含めた捜査をやり直していただきたいというのが、私の真摯な思いです。今後も一納税者として、横領鯨肉の問題が明らかになることを願っています。





鈴木 徹

4つのポイントがあります。

1.グリーンピースは犯罪者集団ではありません。私は、数年前から社会貢献に力を入れはじめました。ホームレス数百人への炊き出しをするグループに参加したり、東京湾の汚染を防ぐために海草を植えたり、砂浜を清掃する団体の一員にもなりました。妻と二人で立ち上げた0歳から4歳の子どもとお母さんたちがイベントを行う団体では、地元の青少年センターと協力して、映画を見たり、お菓子作りをしたりしました。お子さん70人、お母さん70人の合計140人で22メートルのジャンボ海苔巻きを作ったこともありました。グリーンピースのボランティアをするのもその一環としてでした。
9ヶ月後にグリーンピースのスタッフになってほしいと言われて、緑豊かで平和な世界にしたいと思い、グリーンピースに入りました。グリーンピースに入った時の挨拶でも言いましたが、グリーンピースの考え方がすばらしいという以上に、僕がグリーンピースに入ったのは、一人一人がとてもすてきな人ばかりだから、というのが一番の理由です。それは半年たったいまも変わりません。

2.横領鯨肉事件について、活動の前線に立っていた一人として感じるのは、これまでに表に出すことができたのは氷山の一角にすぎないということです。この背後には巨悪が隠されている。現場で動いた者として、議論を世間に出さなければならないと思いました。ボックス(鯨肉入りの箱の中身)を見て、そうしたことを確信しました。
東京地検が横領鯨肉の件を不起訴にしたのは、まったく信じられません。検事はまだまだこれから、と言っていました。逮捕されたことよりも、横領鯨肉の件が不起訴になったことが一番ショックでした。

3.窃盗の形で逮捕の際に、青森県警は38名、公安37名、合計75名のチームで乗り込んできたということを聞きました。押収されたものの中には、今回の件に関係ない組織概要にかかわるようなものもあったと聞いています。考え方を共有している仲間たちが捜査を受けていることを聞いて、勾留が決まった22日以降、許せないと思い、水以外一切受け付けないとハンガーストライキを宣言して、9日間続けてきました。自分としては気力の続く限り続けようと思いましたが、弁護士を通じて絶対にやめるべきだという説得を受け、自分の健康のことも言われ、昨日の昼でやめました。

4.上申書にまとめてありますように、今回の件に関しては違法性はないと信じています。多少、行きすぎがあったかもしれません。箱を実際に持ってきたのは私です。
中身を開けたのは私です。ビデオや写真を取って、箱を戻そうとした瞬間に佐藤が戻さないと言いました。箱を持っていく判断をしたのは佐藤と私です。箱を開いたら、バラバラ死体が出てくるような大きな犯罪を感じさせました。これはビデオなどで撮るだけでは済まない、実物をもって暴かなければならないと思いました。
今回の行為について、司法手続きによって罪があるとなれば、責任を取る気持ちはあります。自分がやった行為についてはよく理解しています。

心情としてつけ加えたいのは、自分の愛する家族と仲間のところに一刻も早く帰りたいということです。

| - | 19:54 | comments(22) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:54 | - | - |
コメント
二見@熊本です。

マエキタさん、裁判での意見陳述を紹介してくださってありがとうございます。

不当逮捕された二人が、一刻も早く釈放されることと、二人が止むに止まれぬ手段で告発しようとした国家の大罪が白日の下にさらされる事を期待します。

私も出来得ることをやって行こうと思います。

佐藤さん、鈴木さん、ふぁいと!!!
心からのエールを送ります。

ありがとうございました。
| 二見孝一@熊本 | 2008/07/01 9:09 PM |
星川「事後承認だ」

佐藤「部下の鈴木が持ってきてしまった」

鈴木「箱を持っていく判断をしたのは佐藤と私です。実際に持って帰ったのは私です。中身を開けたのは私です。」


またいつもの通り辻褄が全く合ってねえな。(笑)

てかさ、なんかポリシーが無いっていうか池沼っていうか本当に恥ずかしい団体だね。言ってる事に一貫性が全く無い。(笑)
一言一言発する発言に「辻褄を合わせる」とかそういう概念すら感じられないね。その場その場での言い訳満載。(笑)

「日本人」だったら「恥を知れ」よ。(笑)
| | 2008/07/01 9:14 PM |
マエキタさま貴重な証言の書き起こしご苦労様でした。

何と言いいますか。
「同情してくださいよ!」
「家族が居るんです勘弁してくださいよ!」
にしか聞こえません。

なぜ佐藤君と鈴木君は胸を張っていられないのか不思議でなりません。
鈴木君に至っては逮捕当時顔を隠してましたね。
罪を甘んじて受けるという気概などひとつもない。

お願いですからもう見苦しい言い訳は言わずに刑を受けて来て下さい。
| other nations | 2008/07/02 4:17 PM |
私は捕鯨反対派ではありません。
しかしGPが捕鯨に反対するのは何も問題はないと思います。
ただし日本の法律は守ってください。
佐藤氏と鈴木氏が逮捕されたのは窃盗容疑でしょう?
他人の荷物を運送会社から持ち出して中身を損壊(試食)した容疑です。
決して反捕鯨活動をしていたから逮捕されたわけではありません。

なのになんで「日本には民主主義がない」という結論になるのか
私にはさっぱり理解できません。
「二人は正義を行ったのに罪に問われた」という意味なのでしょうか?

ですがGPの言う「正義」(水産庁に不正あり)と今回の窃盗事件は別問題です。
例えば警察官が同じ行動をとっても捜査令状が無ければ逮捕されます。
正しいことをしたのだから途中の悪事は見逃せなんて通りませんよ。

ついでにいうと佐藤氏の来歴なんて今回の窃盗事件に関係ないと思います。
お涙頂戴なんてばかばかしいです。
まあ胸を張って連行されていく佐藤氏にはある意味寒心しました。
彼は全然反省してないですね。
| uona | 2008/07/02 5:51 PM |
佐藤容疑者は「まともな科学的論文も出ていない。」とか他人の事を言い出す資格があるのか?こんな出鱈目でいい加減で池沼な事を組織的に行っておいて。(笑)

↓以下コピペ

>グリーンピースが食べた鯨肉って、居酒屋みたいなところでの調査の段階で食べたわけですよね。

違います。最初は証拠品を食べたと公共の電波に乗せて自信満々で言い放ってました。

その後、言い分を変えてお店で食べたと言い出しました。

これは色々な所にその映像がアップされてると思いますので、ご自身の目で確認されるがよろしいでしょう。

>あとグリーンピースは鯨肉食べるな、とはいっていないはずですが・・

これは言っているかいないか確認してないのであれですが、反捕鯨を声高に叫ぶ団体が自分達では鯨を盗んでまで食べるというのは思想的にいかがなものでしょうね。とてもというか全く辻褄が合わない。

そんなに何度も食べたいならば、捕鯨反対は偽善以外の何物でもありません。

食べもの屋さんでのみ食べたとなると、証拠の肉をほとんど何の調査もせずに(せいぜい食べもの屋さんで美味しく頂いた「料理として加工後に出された」鯨肉と目視確認のみで)、「横領の証拠品」とみなした訳ですね。

グリーンピースの方は魚河岸の方か何かですか?

そもそも学術的調査も一切なく「横領の証拠品」とみなしているんですよね?
物凄くいい加減な団体ではないでしょうか?

そもそも窃盗云々よりも、ほとんど何の根拠もなく「横領の証拠品」と断定している。
しかもその証拠は「世間一般の認識では窃盗品」。

全く信用に値しない団体ではないでしょうか?
| | 2008/07/02 5:57 PM |
本当にここの元記事はなんでこんなに捻じ曲がったものばかりなのだろうね?

ここの人たち(=元記事投稿者)によると、「民主主義」ってのは「一般にテロリストと呼ばれる様な連中」が「犯罪行為」を我が物顔で行い、それが非難もされず・許容されたり社会的に歓迎される事なのか?

まるで「無実」の人が「不当弾圧」されているみたいなキチガイじみた論調ばかりだが。

犯罪を犯したとして「容疑者」が逮捕されただけだろうが。
| | 2008/07/02 6:08 PM |
>民主主義を支える

民主主義だからこそ、一定以上の権力を民に持たせないようにしてると思うのですが…
他人を拘束したり、他人の罪を判断したり、ルールを作ったり…それらは民が勝手にやってはいけないことなはずです。
| | 2008/07/02 6:27 PM |
妻と子供がいるってんなら、家族を守る為に軽率な行動を慎むのが普通じゃないですか?
同情してくれと言いたいのでしょうが、残念ながら、馬鹿には同情心はおきませんよ。
事を起こすのは、事実確認せず、勝手な妄想から起こしたように見えますが
被害にあった人達はいい迷惑ですね。

>水以外一切受け付けないとハンガーストライキ

ただのアホですね。

>4、今回の件に関しては違法性はない・・・

いかにGPが非常識であり道徳心もない団体であるかわかりました。
勝手に入り、無断で他人の物を開けただけじゃ飽き足らず、持って行って(正しくは盗むと言います)、それで食べたわけですね。

利益云々と言ったところで、食べた時点で既に、鯨の肉は食べた人の血となり肉となったわけですよ。
栄養になってしまったわけです。
食ってしまった人には利となったわけです。
| がぶ | 2008/07/02 6:56 PM |
嫁さんと小さい子がいるのが事件に何の関係があると?
逆に家庭がある身でありながら軽率な事件を起こした、
父親としての自覚がない人間ですというアピールがしたいんですか?
| | 2008/07/02 7:00 PM |
まったく反省のない供述。
仕事がなくてぶらぶらしていて、その結果見つけたのが緑豆製造所だったということですか(笑)。
反省、謝罪、これができなければ、正義を訴えても届きません。

いい加減にテロリスト、そして、カルト集団からの洗脳が解けることを願っています。

無理か・・。
おこちゃまには、そんなことを考える知恵もないか・・・。
| JODY | 2008/07/03 12:18 PM |
全く反省のないこの2人には厳罰科すべき。
グリーンピースの組織的関与も疑われるのだから、東京都は調査の上NPO法人認証を取り消すべし。
| 反省なし | 2008/07/03 10:35 PM |
爽やかな泥棒?
笑えるね。

緑豆の集団って、結局はレベルが低いよね。
社会に出ることもできないフリーターが集まっている感じですね。佐藤くんを始め、仕事がなかったからGPに就職ですか(笑)。
そんなに人件費を使えるならば、他のことに貢献して欲しいね。まったく、腐った公務員と同じじゃない。

いまどき、GPの仕事を手伝って、それがなんの役に立つと思っているのだろう。それにも気づかずに盲進する若者には同情します。ちゃんと、就職しなさい!
| 犯罪集団 | 2008/07/04 12:26 PM |
率直に言って、あまりに幼稚で支離滅裂な言い訳にしか聞こえません。
自分勝手な都合で法律を破っていいなんて、テロリストの発想です。
なんというか、佐藤氏も鈴木氏もあまりにも子供じみた考え方で、環境保護云々の前に、大人としての責任とか義務をまず理解すべきです。
こんな言い訳は、小学生ですら通らないでしょう。

また、彼らの言い分を無批判に受け入れているグリーンピースという団体意自体に、非常に大きな問題があると思いました。
まともな大人なら、こんなことをする団体を信頼できるはずがありません。
| 都民 | 2008/07/04 6:28 PM |
こんな幼稚な人が子供を育てるということが恐ろしいです。
泥棒しても謝らないどころか、開き直ったり
言い訳にもならない言い訳したり、人のせいに
するような父親と、そんな男に股を開くような
母親に育てられた子供がかわいそうです。
| | 2008/07/04 11:23 PM |
ではグリーンピースのメンバーに
日本赤軍との繋がりが有るとされている人物が居るそうなので誰かが無断で本部に立ち入り
団体の資料を持ち出して調べても問題ないですね。
「疑い」の段階で捜査出来るのは令状を持った警察や検察といった公権力だけです。
私やあなた方が令状無しに今回のような事を行なえば立派な犯罪です。

グリーンピースは何時から警察の一員になったのでしょうか(笑)
| | 2008/07/06 4:25 AM |
何故牛は良くて、鯨は食べてはいけないのか理解できません。
マグロでも乱獲で減少しているようですが、捕鯨反対派は将来の食料問題をどのように考えているのでしょうか。
牛肉や鯨肉を減らし、大豆やトウモロコシを直接たべるようにすれば、環境問題に少しは寄与できるのではないでしょうか。
| 林忠男 | 2008/07/07 10:47 AM |
佐藤さん鈴木さん勾留中の食事は如何ですか?
たまには肉のメニューもでるでしょう。
牛は柔らかいですか?
豚はしょっぱくないですか?
鶏に味は染みてますか?
鈴木さんは少しワガママですね。ハンストまでして鯨肉が食べたかったのでしょうか?
でも出所するまで少しお預けです。しっかり期間を終えて食べる鯨肉は格別ですよ!その時まで我慢我慢♪

それと佐藤さん。新幹線で青森に移送される前後にテレビカメラに向かって何か呪文のようなのを唱えていましたね?
私、耳が悪くて聞き取れなかったのですが『パルプンテ』ですか…?
あっ!わかった!
『メ ガ ン テ』でしょう?!

それではお大事に
| ステーキ・角煮・鶏五目 | 2008/07/08 6:47 PM |
>よく過激な団体じゃないのかと聞かれます

窃盗しても開き直るのだから充分過激な団体だ。


>グリーンピースは犯罪者集団ではありません

山口組も「我々は互助会。何人かが犯罪に手を出すだけだ」と同様の事を言っている。
「俺は悪くない」なんて自称する人間は信用できない。
1.は我々は素晴らしいという自画自賛で事件と何の関係も無い。


>昨日の昼でやめました

阿呆らしい。永久に続けていればその分地球の命が無駄に奪われなくて済んだのに。


>今回の件に関しては違法性はないと信じています

馬鹿につける薬は無いな。法に触れる行為をすればそれは違法だ。裁かれなければならない。
我こそは正義だ、と自分の思想に疑いが無く自身の行為に反省も無い人間を世に解き放ってはいけない。
| 釣本直紀 | 2008/07/09 11:08 PM |
佐藤さんへ
あなたの2歳のお子さんへ、こう聞いて下さい。
『人様のお家に勝手に入って物を盗んでもいいの?』と。
あなたのお子さんはこう答えてくれるでしょう。
『パパ駄目だよ!』

しっかりお勤めして来て下さいね

| | 2008/07/10 11:42 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/02/15 1:28 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/06/05 7:11 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/10/05 3:49 AM |
コメントする









トラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック