スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
WORLD PEACE NOW実行委員会の声明
グリーンピースに対する公安警察の強制捜査は過剰・不当です

 警視庁公安部と青森県警は6月20日、環境保護団体の「グリーンピース・ジャパン」のメンバー2人を「窃盗」と「不法侵入」の容疑で逮捕、同事務所などをいっせいに捜査しました。私たちは、この強制捜査が過剰なものであり、良心に基づくNGO活動を抑圧することになる不当なものであると考えます。

続きを読む >>
| 呼びかけメッセージ | 11:24 | comments(103) | trackbacks(0) |
中村隆市 ナマケモノ倶楽部・世話人 
じつは、今回の「事件」が起こるまで、クジラの問題にあまり向き合って
こなかった。しかし、グリーンピースのスタッフが逮捕されたと知って、
仕事の合間に少しずつ勉強をはじめた。いろんな情報に目を通すなかで、
特に多くの人に知ってほしいと思ったのが「奪われた鯨肉と信頼」という
レポート。
http://web2.rederio.org/gp/doss.pdf

「調査捕鯨」の船員からの「内部告発」ともいえるようなインタビューが
掲載されている。(P24〜27)
「調査捕鯨」という名の下に公式に発表している捕獲数より多くを捕獲し、
それらが売られていること。その一方で、とり過ぎて処理できない鯨の
「雑肉」を大量に捨てたり、調査サンプルが多すぎて、調査できずに
余っていることなど驚くべき内容が掲載されている。

しかし、私が一番驚いたのは、以下の話である。(レポートの27ページ)


続きを読む >>
| 呼びかけメッセージ | 13:18 | comments(18) | trackbacks(0) |
サフィア・ミニー NGOグローバル・ヴィレッジ/ピープルツリー代表
人権、動物の権利、環境問題のために立ち上がる人々を
国が痛めつける……
これほど私を怒らせ、血の煮えたぎる思い
をすることは他にありません。



私は、日本の多くの活動家とともに、2人の釈放を求める運動
に参加しています。すでに15万人もの人々が支持を表明して
います。みなさんもぜひ、他の人たちにも声をかけて、いっしょに
行動してください。

「調査」「科学」の名のもとに行われている捕鯨は
それだけでも大 問題ですが、
さらに、納税者のお金を無駄遣いし、一部の関係者が私腹を肥やし、
鯨肉をおおいに楽しむことまで許しているのです。
| 呼びかけメッセージ | 12:22 | comments(50) | trackbacks(1) |
浦島悦子 フリーランスライター
逮捕されたお二人はもちろん、星川さんをはじめグリーンピース・ジャパンのス
タッフの皆さんの、不当な圧力に屈しない毅然とした姿勢は私の胸を強く打ちま
す。それは、底深い闇の広がりつつある現在の日本社会を照らす一条の光であ
り、私はそれを全面的に支持します。


続きを読む >>
| 呼びかけメッセージ | 14:02 | comments(19) | trackbacks(0) |
三浦悦夫 NPO法人このゆびとまれ・事務局長
クジラを殺すな!殺鯨船員は肉をみやげにするな!
毒牛肉輸入、毒入り餃子、食品偽装、産地偽装、使い回しの時代にグリーンピー
スの活動を弾圧するのは筋違い。
続きを読む >>
| 呼びかけメッセージ | 19:35 | comments(3) | trackbacks(0) |
山口次郎 パーマカルチャーネットワーク九州 事務局長
「宅配所から盗んだら法律で逮捕、だがもっとでかい悪漢は自由にやりたいほうだい。税金を使い調査捕鯨といって盗んできた連中だ〜」

庶民の権利と税金を守ろうとして動いたGPJへのマスコミの偏った報道はGPJサポーターとして辛いです。応援します。
| 呼びかけメッセージ | 11:36 | comments(5) | trackbacks(0) |
池辺幸惠 平和のピアニスト
私としては、捕鯨に関しては、日本の食文化として主張し、
公明正大に、鯨さんたちの存続に支障のないように、
節度ある商業捕鯨ができればいいなと思っています。

しかし現在のような調査捕鯨に名を借りて、
かえって鯨を貶めたり、姑息に横流ししたりの
税金の不明朗な使用・着服することは許せません。

地球と鯨たちと日本の食文化のためにも、
“グリーンピース日本”の方々には頑張っていただきたいです。
| 呼びかけメッセージ | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
イダヒロユキ 大学非常勤講師, アウェア デートDV防止プログラム・認定ファシリテーター, 日本女性学会会員
グリーンピース・ジャパンの職員2名の不当逮捕について

私は、この報道に接し、すぐに以下のような文章を書きブログに載せました。
∞∞∞
グリーンピース・ジャパンの活動家のほうを逮捕する権力(6月19日)
http://blog.zaq.ne.jp/spisin/article/504/

環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」が、調査捕鯨船の乗組員が自宅などに送った鯨肉を無断で持ち出した問題で、青森県警が、窃盗容疑などで団体幹部ら2人の逮捕状を取ったという。
これはひどいと思う。
「ライブドア」のHPの中に、個人的な記事をジャーナリストとしてかくところがある。そこでは、小林亮一という人が、環境保護団体グリーンピースを、ただの窃盗団だと批判する記事を5月の時点で書いている(最後に掲載)。その背景には、捕鯨反対運動への憎悪が読み取れる。

続きを読む >>
| 呼びかけメッセージ | 11:30 | comments(5) | trackbacks(0) |
阿部文子 ネットワーク農縁・新庄水田トラスト事務局
非暴力直接行動のグリーピースに警察が介入する。
(逮捕の理由はグリンピースに圧力をかける為の
口実にすぎないでしょう。)
これは 日本の非暴力直接行動の市民運動にとっても
ゆゆしい問題です。
続きを読む >>
| 呼びかけメッセージ | 19:15 | comments(4) | trackbacks(0) |
二見孝一 みどり熊本・準備室長
今回の逮捕がなぜ行われたのか、報道機関は背景を描ききれていません。
国策に従わない目障りな市民団体を潰すために、軽微な罪を拡大解釈
して不当逮捕した大事件です。


続きを読む >>
| 呼びかけメッセージ | 13:36 | comments(3) | trackbacks(0) |